豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(豊島区)―

吉住 紀徳 院長/南池袋どうぶつ病院(東池袋駅・犬)の院長紹介ページ

吉住 紀徳 院長

KIMINORI YOSHIZUMI

日々のお手入れから外科的な処置まで
何でも相談できるアットホームな動物病院

日本大学農獣医学部卒業後、足立区の梅島動物病院で10年ほど勤務。2012年、池袋駅より徒歩10分のこの地に開院。

吉住 紀徳 院長

吉住 紀徳 院長

南池袋どうぶつ病院

豊島区/南池袋/東池袋駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●ウサギ

理科や生物が好きだった少年時代がこの道の原点

吉住 紀徳 院長

もともと理科や生物が好きだったんです。小学校のころは、恐竜図鑑なんかをずっと読んでいたような記憶がありますね。医師になってみたいと思うようになったのも、やっぱりその延長からだったんじゃないかな。
ただ、はじめから獣医さんになろうとは思っていませんでした。僕の故郷は長崎の平戸っていう小さな島で、獣医さんがすぐ飛んできてくれるようなところではなかったんですよね。小さいころからずっと家の庭で秋田犬を飼っていたんですけど、やはり今のような治療はできなかった。
そういう思い出もあるからかな、日本大学の農獣医学部に進学するんだっていうのを機に東京に出てきたんです。卒業後は先輩が誘ってくれた足立区の梅島動物病院で10年ほどずっと勤めあげて……。
たくさんの方の支えもあって、池袋のあずま通りの一角に開院することができました。ここは、JR山手線「池袋駅」より徒歩10分、東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より徒歩5分、東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」より徒歩5分、都電荒川線「都電雑司ケ谷駅」より徒歩5分という立地でありながら、池袋のなかでも昔ながらの住宅街が残っていて、いいなと感じたんですよね。
色んな縁があって、今の僕があるんだなと思います。

何でも相談できて、ご家族みなさんが納得できる治療を提供する

吉住 紀徳 院長

爪切りや耳掃除、肛門腺しぼりといった日々のお手入れは、全部ほいっと診療代にまとめています。
頭の先からおしりまで、診療ごとにチェックすることで患者さんに慣れてもらうというのもありますし、気がつきにくいわずかな異常もみつけることができますからね。
お散歩がてら「爪切りに来ました」なんてご近所さんも少しずつ増えてきました。開院してもうすぐ3年目、なんだか”おなじみさん”になれたのかななんて、嬉しく思っています。

もう1つ治療で大切にしているのは、インフォームド・コンセントですね。ご家族みなさんで納得いただけるまで、じっくり話しあっていきたいなと思っています。
たとえば、飼い主さんお1人で来院された場合。あとでご家族から「どんな治療を受けたの?」なんて話が出たときに、どうしても分からないことが出てきたりするんじゃないかなと思うんですよね。そういったときには、後日改めてご家族みなさんにご説明する機会を設けたりですとか、本当に気軽に何でもお話できる関係を築いていきたいです。

日々のお手入れから外科的な処置、エキゾチック・アニマルまで幅広く診療

吉住 紀徳 院長

やはり多いのは小型のワンちゃんですね。大きくても20キロぐらいかな。池袋の住宅事情もあってか、大型の子がお散歩している姿はあまり見かけませんね。うちはレトリバーもゆったり入れるように、待合室や診療室を広くつくってありますので、もし近くにいらしたときはぜひ遊びにいらしてください。大歓迎です!
あとは、いわゆるエキゾチック・アニマルですね。うさぎやハムスター、モルモットの患者さんもいらしてますよ。

ちょっと調子が悪いかなという方から、骨折や避妊・去勢手術といった外科的な処置まで、できる限り患者さんのお悩みに応えられるような環境を整えています。

防音やにおいにも気を配り、ゆったり過ごせるこだわりの院内

かならずお掃除をしてから次の子の診療を行ったりですとか、内装もちょっとこだわって、汚れが落としやすい素材を選びました。冷暖房のほか空気清浄機も用意していますが、出番がほとんどない状態です(笑)。
入院室は防音も考えた構造になっているので、どんな方も気兼ねなく、一度ご相談いただけたらと思います。
ペットホテルとしてもご利用いただけるようにしていますので、お泊りはもちろん、一時預かりにつきましてもお気軽にどうぞ。大型の子もゆったり過ごせるゲージを用意していますよ。

これから受診される飼い主さんへ

普段の爪切りといった健康維持のためのお手伝いから、病気をしっかりと治すところまで、何でも気軽にお話ください。僕自身もそんなに気どった話が得意なほうではないので(笑)、アットホームな診療ができたらいいなと思っています。

また、池袋という場所柄、海外の方も多いのかなと思っています。中国、韓国系のアジア系の方でしたら、漢字などでコミュニケーションを取ることができますから、困ったことがありましたら一度いらしてみてくださいね。僕自身、語学もちょっと勉強していきたいなと思っています。

治療が終わって通院が必要なくなった後も、ほんとすぐそこを通りかかったときに、ちょこっと挨拶していただけたりとか、「元気になったよ」なんてお声をかけていただけるのが僕の元気の源です。

※上記記事は2014.11に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

吉住 紀徳 院長 MEMO

  • 出身地:長崎県
  • 趣味・特技:フットサル・ゴルフ 最近は時間がないので筋トレ・ランニングのみ
  • 好きな本:最近は推理もの、とくに東野圭吾の小説を読むことが多いです。
  • 好きな映画:最近は邦画の方が好きですね
  • 好きな言葉もしくは座右の銘:報恩謝徳
  • 好きな音楽:HR/HM
  • 好きな場所もしくは観光地:仲間と過ごす場所

グラフで見る『吉住 紀徳 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート