豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 獣医師(豊島区)―

山口 優 院長/いけぶくろ動物病院(池袋駅・犬)の院長紹介ページ

山口 優 院長

YU YAMAGUCHI

患者さん目線の診療を提供していく

大学を卒業し、横浜の病院に3年間、練馬の病院に9年間勤務したのち、2015年に『いけぶくろ動物病院』を開院いたしました

山口 優 院長

山口 優 院長

いけぶくろ動物病院

豊島区/池袋/池袋駅

  • ●犬
  • ●猫

本当に、動物が好きだからということが1番の理由

山口 優 院長

本当に、動物が好きだからということが大きいですね。それが1番の理由ではないでしょうか。私がこの職業を知ったのは、飼っていた犬を病院に連れていくようになってからのことです。命を救う職業を間近に見たことで、「かっこいいな…」という憧れからこの道を目指すようになりました。
実は、当時のかかりつけ医の先生に開業を控え、挨拶に行かせていただいことがあります。私が中学生の頃のことですから、先生はおぼえておられないようでしたが、その出会いがあったからこそ、今の私があるのは間違いないことです。
大学を卒業し、横浜の病院に3年間、練馬の病院に9年間勤務したのち、2015年に『いけぶくろ動物病院』を開院いたしました(池袋駅より徒歩10分)。私にとって池袋は、生まれ育った故郷になります。まだまだ始まったばかりですが、地元の方々に少しでも貢献していく気持ちをいつまでも胸にとどめ、がんばっていきたいと思っています。

町医者としてできる限りのことはしていきたい

山口 優 院長

病院勤務時代は外科・整形外科分野に主に携わり、多くの手術を手掛けてきました。手術をおこなうには、設備とともに、どうしてもスタッフの人数が必要になります。この点については、同級生や後輩の獣医師と連絡を取り合い、協力体制を築き上げていきたいと考えています。
また、皮膚や目といった専門分野における難症例については、専門家に写真等のデータを送り、瞬時に適切な対応がとれるような体制をとっています。この事に関しては、ネット時代の恩恵と言えるかもしれません。
私は、なにがなんでもすべてを自分の手で、とは思っていません。しかし、町医者としてできる限りのことはしていきたいですし、そのために、ゆくゆくはエキゾチックを専門とするスタッフ等を増やし、診療の広さと深さを求めていきたいと考えています。
今、おこなえることとしてあるのが、夜間診療です。動物はいきものですから、いつ何が起こってもおかしくはありません。ですから、不安を抱えたら、いつでも気軽にお電話していただければと思います。夜間を専門におこなっている病院もありますが、距離的な負担がありますし、なにより、普段診ている主治医が事に当たることは、飼い主さんにとっても安心かと思います。今後も、自分にできるだけのことを精一杯やらせていただければと考えています。

患者さん目線の診療を提供していく

山口 優 院長

とにかく患者さん目線の診療を提供していくということですね。人の医療も同様だと思いますが、皆さんが望まれることは人それぞれで、多岐にわたります。ですから、当院としては治療の選択はもちろんのこと、検査の段階からさまざまな方法をご提案させていただいています。
検査には、動物に麻酔を掛けなければおこなえないものもありますし、費用的な負担が大きいものもあります。その内容を説明するのは私たちの義務であり、皆さんの考え方と照らし合わせていきながら、その子にとって最良の医療を提供していきたいと考えています。

動物の治療は飼い主さんとの共同作業

当院では基本的に飼い主さんに治療中もそばにいていただくようにしています。実は、これまで獣医として歩んできた中で、「診療室の中で何をやっているかわからない…」といった不安を訴えられた方もいらっしゃったのです。その不安は、お互いの信頼関係を揺るがすものになりかねません。百聞は一見に如かずと言いますが、実際にご覧いただくことで安心していただけるのではないかと思っています。
獣医療と人の医療との最も大きな違いは、患者さん自身が薬を飲めないことにあります。だからこそ、飼い主さんに治療の中身を理解していただくことが非常に重要になってくるのです。動物の治療は飼い主さんとの共同作業でもありますから、充分に説明をおこない、一緒に動物たちを見守っていければと考えています。

これから受診される患者さんへ

今週末よりトリミングを始めました(2015年11月現在)。当院では私の監修のもと、薬用を含む適切なシャンプーを使用することが可能で、また、持病があるわんちゃんに対しても安全にトリミングをおこなうことができます。ご要望の方はどうぞお気軽に声をお掛けください。
情報として知っていただきたいのは、動物の寿命はきわめて短いということです。わんちゃんですと15歳が1つの目安となり、人間と比べれば、おおよそ4倍から5倍の早さで生きていることになります。それを考えれば、少なくとも年に1回か2回は、何からしの形で病院を訪れてみるべきでしょう。
もう1つ、飼い主さんが「おかしい…」と思われた時は、必ず何か異変が起こっているものと思われます。ですから、普段と少しでも違う点があれば、ためらわずに病院にいらしてください。そこから先は、私たち獣医師が責任を持って対応していきます。
『いけぶくろ動物病院』は皆さんにとってオープンな病院を目指しています。お散歩がてら立ち寄っていただくことも大歓迎ですし、どうぞお気軽にご利用いただければと思います。

※上記記事は2015.11に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

山口 優 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 特技:スキー
  • 好きな本:Number
  • 好きな映画:スター・ウォーズ
  • 座右の銘:初心忘るべからず
  • 好きな音楽:ジャパニーズレゲエ
  • 好きな場所:池袋

グラフで見る『山口 優 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

いけぶくろ動物病院

豊島区/池袋/池袋駅

  • ●犬
  • ●猫
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート