豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(豊島区)―

北山 英美子 総院長/池袋フェミークリニック (池袋駅・美容皮膚科)の院長紹介ページ

北山 英美子 総院長

EMIKO KITAYAMA

肌や毛質によってオーダーメイドに対応
皆様の「キレイ」をサポートするクリニック

大学を卒業後、形成外科に入局。経験を積んだ後2003年に、池袋駅東口より徒歩3分のこの場所に美容皮膚科専門の『渋谷フェミークリニック』を開院。

北山 英美子 総院長

北山 英美子 総院長

池袋フェミークリニック

豊島区/南池袋/池袋駅

  • ●美容皮膚科

患者さんの人生を変えるきっかけにもなる、美容皮膚科の世界

北山 英美子 総院長

医師であった父の影響と母の薦めもあり、自然とこの道を選んでいたという気がしています。女性が自立して生きていくために何が必要なのか。その1つに、私にとって1番身近な医療の世界があったということですね。もちろん他の道を模索したこともありましたが、「医者になってから好きなことをやったら?」という母のアドバイスを受け、立ち消えになりました。実際なってみると、そんな暇はないということに気づきましたけどね(笑)。
大学を卒業後、形成外科に入局しました。この選択は、将来的に美容に進みたいという考えがあってのことでした。おしゃれやお化粧品に関心のある女性にとって、こうした仕事は誰もが少なからず興味を持つところだと思います。自分に可能ならばそれをやってみたい、という気持ちは医師となってからずっとあたためていたことでした。
平成15年(2003年)に、JR線、東京メトロ丸の内線、有楽町線、副都心線、西武池袋線、東武東上線の池袋駅東口より徒歩3分と利便性の良いこの場所に美容皮膚科専門の『渋谷フェミークリニック』を開院し、以後、新宿院、池袋院、銀座院と続いていくこととなりました。私がそれまで在籍していた形成外科という分野は、傷跡をきれいに治してさしあげることで、患者さんの人生を変えるきっかけにもなりうる仕事です。その感動をもっと身近な分野でおこないたい、という思いから開業に至ったという次第ですね。

負担が少なく、ちょっとずつきれいになっていく「メスを使わない」クリニック

北山 英美子 総院長

医療脱毛のニーズが1番多く、その他にも、にきび、しみ、くすみ、しわ、たるみ、ほくろ等々、女性の肌のあらゆるお悩みに対処してまいります。
当クリニックの特徴は「メスを使わない」ことです。もちろん手術だからこそ可能なこともありますが、そもそも私自身、いわゆるダウンタイムを伴わない施術にこそ、メリットを感じるのです。日常生活に支障なく誰にも気づかれないまま、あるとき「この人、いつまでも若いわね」となる。これは日本人独特の美意識に因るのではないでしょうか。
「メスを使わない」こと自体への安心感に加え、身体に負担が少なく、ちょっとずつちょっとずつきれいになっていく方針が、患者さんにご支持をいただいている理由だと思います。

肌や毛質によって起こりえる変化を予測、オーダーメイドに対応する

北山 英美子 総院長

その方の肌や毛質に応じて機械を選択し、適切なパワーで照射をしていくことがまず前提にあります。その上で、施術後に起こりえることへの対応にこそ、オーダーメイドたる所以があります。
すべてを事前に予測出来るわけではありませんが、これまで数多くの症例を診てきた経験から、その人その人によって起こりえる肌の変化をある程度予測出来るのです。その予測に基づき、たとえば、「ここに照射するときっとかゆくなるから、前もってお薬を出しておきますね」といった対応が可能になります。事後の対応にはもちろん万全を期していますが、患者さんにしてみても、「どんな経過で良くなっていくのか」ということが事前にわかるのは安心につながると考えています。
ご自身で処理をされることのリスクは、皆さんが思った以上に大きなものがあります。それは単に手間だけの問題ではありません。皮膚にとって必要なものまでが削れてしまうことで、肌が乾燥しやすくなったり、毛穴の異常がおこりやすくなったり、ということが起きてきます。若いうちはそれでも良いでしょう。しかし、ある程度年齢を経てくると、次第に肌の色素沈着がおこりやすくなるんです。
女性にとって、育児や仕事に追われる30代、40代がもっとも大変な時期。自分で処理をおこなう時間の節約とともに、将来きれいな肌を保っていくためにも医療脱毛をお考えいただければと思います。

サポートセンターを設置、聞きにくい疑問や質問にも答える

当院では通常の予約等をおこなう窓口とは別に、サポートセンターを設けています。多くの方は「忙しいのに、聞いたら悪いかも…」と思われるようなんですね。「言われたかもしれない。でも、忘れちゃった…」とか。私どもとしては聞いていただいてまったく構わないのですが、窓口を1つ別に設けておくことで、ふとした疑問や質問を話していただきやすくなるのです。
これは患者さんだけではなく、私たちにも利点があることです。やはり、言っていただけないことにはわからないことってあるんですよね。それがサポートセンターを通じて、私たちにも入ってくる。医療面はもとより、サービスの質の向上にも、患者さんの生の声が役立っていると実感しています。
医療は、一昔前のように一方通行では通用しない時代になってきました。最近のクリニックさんはどこも気をつけてらっしゃるように感じますね。まして私たちは美容を扱っているので、きれいになるのはもちろんのこと、皆さんが「来たくなる」クリニックを目指していくべきだと考えています。

これから受診される患者さんへ

当院では、最初にカウンセラーが皆様のお話をうかがいます。具体的な治療のお話は、そのあと。お肌に関することでしたら何でも結構です。まずはご相談に気軽にいらしていただければと思います。
脱毛を始めたのをきっかけに、ファッションも変わり、人生に前向きになり、段々と笑顔が明るくなっていく患者さんをよく目にします。それは私たちにとっても大きな喜びです。お肌を通し、皆様のキレイを全力でサポートさせていただきたいと願っております。

※上記記事は2014.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

北山 英美子 総院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ヨガ
  • 愛読書:医療関連書籍
  • 好きな映画:ハーピーエンドなもの
  • 好きな言葉:笑う門には福来る
  • 好きな音楽:ロック
  • 好きな観光地:八重山諸島

グラフで見る『北山 英美子 総院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート