豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(豊島区)―

住田 憲是 院長/望クリニック(巣鴨駅・整形外科)の院長紹介ページ

住田 憲是 院長

SUMITA KAZUYOSHI

「AKA-博田法」に出合って30年あまり、狭窄症、ヘルニア、スベリ症、変形性股・膝関節症と言われたつらい「痛み」を手術なしで治す

東邦大学医学部を卒業後、同大学の整形外科で研鑽を積む。1983年に開業し、東洋医学やカイロプラクティックなどを取り入れた診療をスタート。その後、「AKA-博田法」を修得して治療の柱に据え、国内外を問わず、つらい痛みに苦しむ人々の救世主に。

住田 憲是 院長

住田 憲是 院長

望クリニック

豊島区/巣鴨/巣鴨駅

  • ●整形外科
  • ●リウマチ科
  • ●リハビリテーション科

薬学部から医学部へ、整形外科を専門に研鑽を積む

住田 憲是 院長

父が薬局を営んでおりましたので、私も一度は薬剤師をめざして岐阜薬科大学で学んでいました。ところが大学時代、父が自転車で事故に遭い、体のあちこちに痛みを訴えるようになったんですね。大学で学んだ最新の薬の力を借りても、父の症状はなかなか改善されませんでした。私は痛みに苦しむ父の姿をみるうち、薬だけでは痛みを根本的には治せない事がわかり自分が医師になろうと決めたのです。
大学卒業後、あらためて東邦大学医学部に学び、卒業後は大学の整形外科に籍を置きました。外来診療に、手術にと、たくさんの症例を経験しましたけれど、ここでも医療の力が及ばないケースが多々ありました。最先端の治療をして、たとえ手術をしたとしても、痛みが解消されない患者さんもいらしたんですね。私は、自分なりの解決法を見つけるために約7年で医局を退き、1983年に最初のクリニックを開設したのです。

「AKA-博田法」によって、つらい痛みを解消するお手伝いを

住田 憲是 院長

整形外科的なアプローチに加え、東洋医学やカイロプラクティックを取り入れながら診療していた私が「AKA-博田法」に出合ったのは1986年、リハビリテーションの学会に参加したときのことでした。それからは週に一度のペースで博田先生のもとに足を運び、治療技術の修得に力を注ぎました。そうして、「AKA-博田法」専門のクリニックを開設したのが1992年。当初診療していた池袋から目白、そして2018年にはここ巣鴨へと場所を移して現在に至ります。クリニックの近くには、痛みが取れるご利益があることで有名なとげぬき地蔵があります。私もこの場所を拠点にして、つらい痛みに悩み、藁にもすがる思いでお越しになる患者さんに、「AKA-博田法」を広くお伝えしていきたいと思っています。
来院される患者さんは、日本国内のみならず、海外からお越しになる方もいらっしゃいます。最近では沖縄や北海道、カナダやフランス、イギリスから足を運んでくださったケースもありますね。痛みの原因を正しく診断されないために、正しい治療を受けることができない患者さんが、いかに沢山いらっしゃるかご理解いただけるでしょうか。こうした患者さんを救ってさし上げられるのが「AKA-博田法」なのですが、治療技術を修得するのが非常に難しいため、診療できるドクターは私を含めてほんの数人というのが現状です。だからこそ、このクリニックに足を運んでくださる患者さんには精一杯力を尽くしたいと思いますし、後進の指導にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

痛みの原因にアプローチする「AKA-博田法」とは

住田 憲是 院長

当院を受診される患者さんの多くは、腰痛や肩痛、膝痛を訴えてお越しになります。一般的な整形外科の診察では、レントゲンを撮って、必要ならばMRI検査をして、その画像をもとに診断をつけて治療を進めます。とは言え、かつての私が疑問を抱いたように、患者さんが訴える実際の症状と検査画像との間には度々ギャップが生じ、例えばMRIで大きなヘルニアや狭窄があっても全く痛みのない人がいたり、手術をしてヘルニア、狭窄等を画像上治しても痛みがとれない事が多々あります。そして、このギャップを埋めることができるのが「AKA-博田法」というわけです。『望クリニック』では、お1人お1人の症状を正しく診断し、診断に基づいた適切な治療をご提供しています。
「AKA」は、関節運動学的アプローチという意味で、わかりやすく言えば、関節の中の動きをよくすることで痛みを解決しましょう、という考えです。整形外科で診る「痛み」は、MRIで映る、ヘルニア、狭窄、スベリ症、軟骨の擦り減りとは多くの場合関係なく関節がスムーズに動かないことが原因であることがほとんどなんですね。ですから、「AKA-博田法」によって関節の動きを改善してあげれば、レントゲンやMRIで診断された病名とは関係なく腰痛や膝痛も良くなっていくということなんです。私の経験では腰痛の約80%、変形性関節症の痛みの多くがAKA-博田法により改善が期待できます。

手術をしないで治す。それを可能にするのが「AKA-博田法」

「AKA-博田法」が適用となるかどうかを診断するためには、まず骨盤の中にある仙腸関節へアプローチします。仙腸関節は人の体の中心にありますので、この関節がうまく機能しないと、全身にさまざまな痛みを引き起こすのです。もちろん、正しい診断がつけば、治療によって痛みを解消できるわけですが、ほんの1ミリ、2ミリの世界ですから、診断にも治療にも非常に高いスキルが求められるんですね。私自身、「AKA-博田法」に出合って30年あまりが経ち、症例数は既に40,000を超えますけれど、それでも治療技術を修得するまでには数十年ほどかかったでしょうか。そして、まだ修行中です。「AKA-博田法」に対応できる医師が限られてしまうのは、こうした理由からなのです。
とは言え、大学病院でも治せない症状を治せるというのは医師冥利に尽きますし、手術しないで治すことに、大きなやりがいを感じます。ですからぜひ、手術をすすめられているという方がいらっしゃったら、一度クリニックを訪ねていただきたいと思います。「AKA-博田法」が適用となれば、手術をせずとも症状を改善することができますし、もしも必要な場合には大学病院などをご紹介することもできます。つらい痛みは我慢せず、早めにご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『望クリニック』は「巣鴨駅」から徒歩1分と、非常にアクセスのよい場所にあります。体のどこかに痛みを感じる状態は、何らかの「病気」だと言えます。ですから、決して無理をせず、頑張り過ぎず、痛みを押して筋肉を鍛えようなどとは考えないでくださいね(笑)。できるなら手術を受けたくないとお考えの方、手術をしたのに良くならないとおっしゃる方、どこへ行っても治らない方、当クリニックがお役に立てることがきっとあると思います。つらい痛みにお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。

※上記記事は2018年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

住田 憲是 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味・特技:旅行
  • 好きな本・愛読書 :推理小説
  • 好きな映画:日本映画(是枝裕和監督作品)
  • 好きな言葉・座右の銘:努力
  • 好きな音楽・アーティスト:モーツァルト
  • 好きな場所・観光地:京都

グラフで見る『住田 憲是 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート