豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(豊島区)―

篠崎 百合子 院長/しのざきゆりこレディースクリニック(しのざきクリニック)(東長崎駅・産婦人科)の院長紹介ページ

篠崎 百合子 院長

YURIKO SHINOZAKI

女性の不安をときほぐし、安心して帰っていただく。女性が気軽に通えるクリニック

大学卒業後、女子医大の産婦人科の医局で研鑽し、都立大塚病院に10年間勤務したのち、2000年、東長崎駅より徒歩1分のこの地に『しのざきクリニック』を開院。

篠崎 百合子 院長

篠崎 百合子 院長

しのざきゆりこレディースクリニック(しのざきクリニック)

豊島区/長崎/東長崎駅

  • ●産婦人科
  • ●内科

産婦人科での経験を活かし、より多くの女性の健康に役立つ女性医療を

篠崎 百合子 院長

叔母夫婦が産婦人科の医院を開いていました。私自身、なにかしら手に職を持つ仕事に就きたいと思っていたところに叔母からの勧めもあり、医学部に進みました。女子医大の産婦人科の医局で研鑽し、都立大塚病院に10年間勤務したのち、50歳で『しのざきクリニック』を開院いたしました。病院の産婦人科は、これがなかなかハードなものでした。当直もずっとありますしね。それで、ちょうど節目の年齢を迎え、もっと多くの女性の健康に役立つ女性医療を行いたいと考えました。(西武池袋線・東長崎駅より徒歩1分)。駅近ということもありますし、女性が気軽にたずねられるクリニックでありたいと思っています。

避妊だけでなく、卵巣がんや子宮体がんのリスクも下げる「低用量ピル」

篠崎 百合子 院長

患者さんは、働いている若い女性が多いですね。お悩みとしては、腹痛に分泌物異常、そして月経トラブルが大半を占めます。このうち、月経トラブルのほとんどは低用量ピルで症状が改善しますので、積極的に活用しています。
ピルはご存知の通り、基本的には経口避妊薬です。ただし、日本では認可が遅れたこともあってか、普及率がまだまだ低いというのが現状です。避妊ということだけで考えても、非常に優秀ですがピルには、副効用というものがあるのです。副効用、言ってみれば、おまけのメリットといったところでしょうか。まずは、卵巣がんや子宮体がんといった女性特有の癌の発生率を下げる効果があります。それに加え、月経困難症や子宮内膜症の治療薬としても有用です。
子宮内膜症は、典型的な女性の現代病と言えます。この病気で最も困るのは、不妊症のリスクをあげてしまうことです。ピルはその子宮内膜症の予防効果がありますから、この点でも非常に有益なのです。今は望んでいなくても、将来的に妊娠を希望しているという方には特におすすめですね。

患者さんの不安をときほぐし、安心して帰っていただけるよう。負担にならない診察を心がける

篠崎 百合子 院長

なるべく痛くならないよう、負担にならないような診察を心掛けています。このため、内診をおこなう際にもその人に応じて器械を選んでいます。
産婦人科の内診というものは、どちらかと言えば喜んで受ける診療ではないかもしれません。場所が場所ですから、いくら女性同士とはいえ、抵抗はもちろんあります。でも、だからこそ、ですよね。痛くないようにしてあげて、診察を気持ちよく終えていただく。初めての方の不安をときほぐし、安心してお帰りいただけるように心掛けています。

骨密度測定器を導入、骨粗しょう症の予防につなげる

骨密度の測定は、更年期の治療に必須です。あまり知られてないことですが、骨粗しょう症は女性の閉経後によく起こる病気です。エストロゲンによってそれまで守られていたのが、閉経後に骨量が徐々に減少していくようになり、それがやがて、骨粗しょう症をもたらすようになります。骨量が減っているかどうかは骨密度を測らないと分かりません。
骨がもろい状態だと、少し転んだだけでも簡単に骨折をしてしまいますし、それが“寝たきり”につながっていくこともあるでしょう。そうなった時に気づいても遅いわけで、自分の骨密度を知り、適正な治療を受ける必要があるのです。
この病気は生死に直結するわけではありませんから、どうしても後回しになりがちなところがあります。しかし、これからは、自分の責任で健康管理が求められていく時代です。予防のできることは積極的におこなっていくことが、楽しい日々を長く維持することにつながるのではないでしょうか。

これから受診される患者さんへ

豊島区では二十歳以上の方は子宮がん検診等を無料で受けることができます。是非、こういった機会を賢く利用していただきたいですね。
餅は餅屋、という言葉があります。今はインターネットの時代ですから、情報はたくさん手に入れることができますが、不調の場合はプロに相談するのが1番の近道です。それがまた病気の早期発見と早期治療につながっていくわけで、そうなれば大変な思いをしなくても済むことになります。どうぞ気軽に、産婦人科を利用していただきたいですね。

※上記記事は2016.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

篠崎 百合子 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ゴルフ
  • 好きな本:小説/「嵐が丘」
  • 好きな映画:カサブランカ
  • 座右の銘:継続は力なり
  • 好きな音楽:ピアノ曲
  • 好きな場所:海

グラフで見る『篠崎 百合子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート