豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(豊島区)―

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師/アルパカ小児科耳鼻科クリニック(落合南長崎駅・小児科)の院長紹介ページ

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師

TAMON NISHINO & CHIE YOSHIDA

やさしく、わかりやすい医療を提供してまいります

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師

アルパカ小児科耳鼻科クリニック

豊島区/南長崎/落合南長崎駅

  • ●小児科
  • ●耳鼻咽喉科
  • ●アレルギー科

小児科を専門としたのは、未来ある子ども達の助けとなると考えたから

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師

【西野 多聞 院長】
実は私の父は、歯医者さんでした。祖父の代から続く歯科医院でしたから、当然継ぐことを期待されて育ったのですが、私はそれに反発し、この道を選択したということになります。同じ医療系に進んだ理由ですが、人の役に立てる職業という点で、知らず知らずのうちに父を手本としていたということかもしれませんね。
大学を卒業し、小児科を専門としたのは、未来ある子ども達の助けとなると考えたからでした。これから長い人生を歩む子ども達に小児科医として関われるのは、非常にやりがいのあることという認識でした。
『アルパカ小児科耳鼻科クリニック』は、都営地下鉄大江戸線・落合南長崎駅に直結する商業施設「アイテラス落合南長崎」内にあります。聞くところによりますと、この辺りは少し前まで、子ども達の数が非常に少なかったようです。保育園や親子カフェ、それから小児科もできたことで、飛躍的に地域のお子さんの数が増えていったと聞いています。

【吉田 智恵 医師】
自分自身、幼い頃に耳鼻咽喉科の先生にすごくお世話になっており、将来は病気を治すことで人のお役に立てる医師になりたいと考えていました。大学を卒業し、この科を選んだのは、手術に代表される外科的な処置があり、なおかつ、小さなお子さまからご年配の方まで、幅広い方を診ることができ、たくさんの方の力になれるという点を魅力に感じたからです。
大学病院では当初、鼻副鼻腔疾患を始めとした手術治療に携わっていましたが、出産を機に外来を中心とした診療へとシフトしました。その過程で、もっと患者さんやご家族に寄り添える医療を手掛けたいと考えていたところ、西野院長よりお声掛けいただき、クリニックの診療理念に共感し、お手伝いをさせていただくこととなりました。

子ども達になるべく好まれるような雰囲気づくりを心掛けています

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師

【西野 多聞 院長】
「アイテラス落合南長崎」全体の雰囲気もそうなのですが、クリニックのデザインも明るく入りやすいものとなるようにしました。私はアメリカで3年ほど暮らしていたことがあるのですが、現地の小児科クリニックはポップで親しみやすさにあふれていました。あまりに病院っぽいと、子ども達は構えてしまいます。経験を踏まえ、子ども達になるべく好まれるような雰囲気づくりを心掛けています。
無為に怖がらせたり、痛みをともなうような処置はできるだけ避けるべきではありますが、病気を治すために必要な処置はしっかりおこなっていきたいと考えています。子供がいやがるからといって充分な治療を行わないようでは本末転倒ですし、結局はその子に不利益をもたらすことにもなります。患者さんに気を配っていくことは当然として、診るべきものをしっかり診ていきたいですね。

患者さんのニーズに応える形で、次第に専門外来が増えていった

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師

【西野 多聞 院長】
循環器に代謝内分泌、悪性腫瘍や小児精神の分野の専門医が診察にあたっています。開院当初は、小児精神だけという状態でしたが、患者さんのニーズに応える形で、次第に専門外来が増えていった形になります。
近年増価傾向にあるADHDや拒食症などを診ていくには、やはり専門性が不可欠となります。またこれは小児科医療全般について言えることですが、私たちがご年配の方を診ることができないように、餅は餅屋という要素は厳然として存在します。特に子供の場合は、自分から症状を訴えることができないという面もありますから。地域の方々の利便性を高める意味でも、より一層、専門外来の充実には力を入れていきたいと考えています。

何科を受診するか判断に迷う患者さんも、小児科と連携をとり的確な診断と治療を

【西野 多聞 院長】
吉田先生にお越しいただき、2016年より耳鼻咽喉科の診療がスタートしました。小児科であつかう病気には、やはり耳鼻咽喉科に関わるものが非常に多いのです。吉田先生に加わっていただくことにより、患者さんの利便性が高まったことはもちろん、我々自身のスキルも高まり、これまで以上に適切な医療が提供できるようになったと感じています。

【吉田 智恵 医師】
熱があるが、鼻水や咳もあり、耳も痛い。何科を受診して良いか判断に迷う患者さんについても、小児科と連携をとり、的確な診断と治療をおこなわせていただいております。クリニックには一通りの機器が備わっていますので、症状がある方は当然のことながら、ちょっとした心配事であったり、あるいは、鼻水だけをとって欲しい、耳あかだけをとって欲しいといったご要望にも、対応させていただいております。
お子さまはもちろん、大人の方やご年配の方まで、どなたでも安心して気軽にいらしていただけるクリニックにしていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

【西野 多聞 院長】
『アルパカ小児科耳鼻科クリニック』では、土曜日曜の診察もおこなっています。病気であればもちろんのこと、子ども達のことで何か心配なことがありましたら、お気軽にご相談ください。地域の子ども達のかかりつけ医として、やさしく、わかりやすい医療を提供してまいります。

※上記記事は2016.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師 MEMO

小児科専門医

  • 出身地:[院長]東京都 [吉田 医師]広島県
  • 趣味:[院長]サッカー、山登り [吉田 医師]温泉、ゴルフ、茶道、ワイン
  • 好きな本・雑誌:[院長]山と渓谷 [吉田 医師]料理本、ワイン本、ファッション誌
  • 好きな映画:[院長]『エベレスト 3D』 [吉田 医師]『ショーシャンクの空に』『天使にラブソングを』
  • 好きな言葉・座右の銘:[院長]ハイリスク・ハイリターン [吉田 医師]努力は決して人を裏切らない 為せば成る
  • 好きな音楽・アーティスト:[院長]ピアノ曲/ベートーベン、バッハ [吉田 医師]Che'Nelle、JUJUなど
  • 好きな場所・観光地:[院長]北アルプス [吉田 医師]パリ、ヨーロッパ

グラフで見る『西野 多聞 院長 & 吉田 智恵 医師』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声