豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(豊島区)―

高橋 圭一 院長/たかはし歯科医院(目白駅・歯科)の院長紹介ページ

高橋 圭一 院長

KEIICHI TAKAHASHI

患者様は家族。長期的な視点で治療に取り組む「ディアーズ・デンタル・サービス」

日本大学松戸歯学部卒業後、日本大学松戸歯学部歯周治療学講座で経験を積む。2007年、JR山手線目白駅から徒歩2分のこの地に『たかはし歯科医院』を開業。

高橋 圭一 院長

高橋 圭一 院長

たかはし歯科医院

豊島区/目白/目白駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科

常に新しい知識・技術を習得、歯科医院の激戦区で独自の存在を目指す

高橋 圭一 院長

元々は歯科とは何の関係もない仕事をしていたのですが、奥さんと義父がたまたま歯科医師だったんですね。歯科医師になることを義父から勧められる一方で、私自身も「自分の可能性を確かめてみたい」という気持ちがあり、日大松戸歯学部を受験しました。
歯周病の専門医であった義父の勧めがきっかけでこの道に進みましたので、単に歯科医師になるというよりは、歯周病を治せる歯科医師になることを目指して在学中は学び、また卒業後は、義父の歯科医院で経験を積みました。そして大学の研究室に籍を置きつつ勤務医として働いたのち、2007年の11月に、JR山手線目白駅から徒歩2分ほどのこのビルに、歯科・小児歯科を標榜するたかはし歯科医院を開業しました。
ご覧いただければわかるように、通り沿いにたくさんのクリニックが軒を連ねる目白は、歯科医院の激戦区。常に新しい知識や技術の習得に精励することで、当院独自の色を出していきたいと考えていますし、それによって患者様に対してより多くの治療の選択肢を提供できればと思っています。

患者様を家族として診療する「ディアーズ・デンタル・サービス」

高橋 圭一 院長

当院では基本的な診療方針として「ディアーズ・デンタル・サービス」というコンセプトを掲げています。「ディアーズ」というのは直訳すると「親愛なる人」という意味になりますが、わかりやすくいうと「家族」と置き換えることもできます。つまり、患者様を私たちスタッフの家族と位置づけた上で、その立場に立ち、その心に寄り添った診療を行うことを常に心がけています。ですから、単に治りさえすれば良いとは考えてはおらず、むしろブラッシングや食事指導などを通じた、長期的な視点に立った予防・再発防止に重きを置いています。
また、当院では無痛治療にも積極的に取り組んでいます。歯科治療の中で一番痛いのは麻酔の注射。裏を返せば、麻酔の注射が痛くなければ、その後の治療は痛くありませんので、注射針の選定や薬液の管理、そして注射の打ち方などには非常に神経を使っています。歯科治療に伴う苦痛をできる限り取り除きたいと考えるのもやはり、患者様を家族のように思えばこそですね。

光殺菌療法を導入、患者様も加わったチーム医療で歯周病治療に取り組む

高橋 圭一 院長

当院における歯周病治療の特徴としては、光殺菌療法を導入している点が挙げられるかと思います。光殺菌療法というのは、文字通り最新の光殺菌技術によって歯周病菌を死滅させる治療法で、従来の治療法のように薬や抗生物質に頼らないため、副作用のリスクが低いといった特徴を持ちます。
そのほかにもさまざまな治療法(治療の選択肢)を提供していますが、お住まいの地域ではそれらを行っている歯科医院がないということで、インターネットで調べて、わざわざ遠方からお越しになる患者様も少なくありません。また、そうした患者様向けに、宿泊をサポートさせていただきながら集中的に歯周病治療を行うプランなどもご用意していますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。
光殺菌療法を始めとした最新の治療法ももちろん大事ですが、歯周病治療において一番大事なのはチーム医療だと、私は考えています。当院では、歯周病の専門医である私と、歯周病の認定衛生士、さらには噛み合わせを見る技工士が協力して歯周病治療にあたっていて、そのチームの中には患者様ご自身も含まれます。歯科医師任せにするのではなく、患者様にも参加していただき、一緒になって治療に取り組む。これこそが、当院における歯周病治療の最大の特徴だと言えるでしょう。

噛み合わせのトラブル、金属アレルギー症状にも対応

歯ぎしりや食いしばりの問題も含めて、噛み合わせにトラブルを抱えている患者様が非常に増えているように感じます。「たかが噛み合わせ」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、噛み合わせが悪いと、お口まわりだけでなく、肩こりや体のゆがみといった形で、広く全身に悪影響を及ぼす可能性もあるので注意が必要です。私は歯科医師ですので、たとえば「肩こりを治してください」と言われても、直接的にはどうすることもできません。しかし、歯科治療を通じて噛み合わせを整えることによって、“良い副作用”として肩こりや体のゆがみが改善された、といったケースはこれまでにも多々あります。
最近増えている症状としてもうひとつ挙げたいのが、金属アレルギー関連のトラブルです。とりわけ昔の歯科治療でよく使用された卑金属(悪い材料)が原因で金属アレルギーは起こるのですが、当院では近隣の皮膚科と連携して金属アレルギーに関する検査を実施し、原因となっている金属を特定した上で、歯周病治療にあたるような取り組みも行っています。

これから受診される患者様へ

私たちスタッフにとって患者様というのは「ディアーズ」、すなわち家族同然の存在です。だからこそ、十分に納得・安心して治療を受けていただきたいと思っていますし、そのためにも治療前のカウンセンリングにはしっかりと時間をかけるように努めています。
皆様の中には「一向に治らない」「どうせ入れ歯になる」といった理由で、治療に対して後ろ向きになっている方もおられるかもしれませんが、そうした方たちには「決してあきらめることなく、共に頑張っていきましょう!」というメッセージを是非ともお伝えしたいですね。最近では、歯科の世界でもセカンドオピニオンが当たり前になりつつありますので、他院に通院されている方でも、治療に関して少しでも疑問や不安に思うようなことがありましたら遠慮なくご相談にいらしてください。

※上記記事は2015.1に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

高橋 圭一 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:剣道、ゴルフ
  • 好きな本:東野圭吾、ダニエル・キイスの作品
  • 好きな映画:『グッド・ウィル・ハンティング』『カッコーの巣の上で』
  • 好きな言葉:一度決めたら、最後までやり遂げる強い意思を持つ
  • 好きな音楽:J-POP
  • 好きな場所:葉山

グラフで見る『高橋 圭一 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート