豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(豊島区)―

三井 祐一郎 院長/ワイズデンタルキュア(目白駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

三井 祐一郎 院長

YUICHIRO MITSUI

すべてはお客様の「美しさ」のために
求められれば、できるものは何でも提供する

大学卒業後、東京都渋谷区、北区での勤務医を経て、2007年に目白駅より徒歩1分のこの地に『ワイズデンタルキュア』を開院。

三井 祐一郎 院長

三井 祐一郎 院長

ワイズデンタルキュア

豊島区/目白/目白駅

  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●歯科

歯医者が大嫌いだった子供時代。ある先生との出会いから歯科医師の道へ

三井 祐一郎 院長

小さい頃は、歯医者がイヤでイヤで、まったく行こうとしませんでした。おそらく、親も困っていたと思います。それがある時、大学病院の小児科の先生に診てもらったところ、初めて口を開けることができました。先生には結局、高校生くらいまでお世話になっていました。本当に、その人だけだったんですよ、怖いと思わなかったのは。先生のような存在になれるなら、この道に進むのも良いかなと思い、歯科医師になることを決めたようなものでした。
大学卒業後、都内での勤務医を経て、2007年に『ワイズデンタルキュア』を開院いたしました。クリニックのお客様は、全国からお見えになります。その人達の交通の利便性を考えれば、山手線の駅で、駅を降りてすぐという環境がうってつけだったのです(JR山手線・目白駅より徒歩1分)。
クリニック内には、ホワイトニングも同時並行でおこなえるネイルサロンが併設しています。美を求めるお客様の期待に応えるべく、私にできることを力の限りおこなっていきます。

インプラントからマウスピース矯正まで。求められれば、できるものは何でも提供する

三井 祐一郎 院長

20代、30代の女性を中心に、アンチエイジングを求められる40代、50代の方。最近はそれに加えて10代の若い女性も見えます。『ワイズデンタルキュア』では、「きれいになりたい」というお客様の希望を叶えるべく、歯並び矯正、セラミック治療、ブリーチングを主として提供しています。
『深夜食堂』(MBS)というドラマをご存知ですか? 夜しか営業していなくて、豚汁とビールしか置いてないお店が舞台の物語ですが、客が求めれば、できるものは何でも出す、というのがミソです。ここでもそれは同じで、きれいになるためにインプラントが必要であれば、インプラントも提供するし、歯並び矯正でワイヤー矯正が必要であればそれも提供する。そのインプラントにしてもワイヤー矯正にしても、ただ単に提供するのではなく、それぞれの分野における専門家を招いて治療に取り組んでいきます。
きれいになる方法は1つではありません。歯並び矯正を例にすると、職業柄、ワイヤー矯正ができないという方もいらっしゃるでしょうし、「とにかく早く治したい」という方もおられるでしょう。『ワイズデンタルキュア』で最も人気があるのが、ハーフ矯正です。これは、上の歯はセラミック、下の歯はワイヤー矯正、もしくはマウスピース矯正というプランで、すべてをワイヤーで矯正するのに比べ、短期間で歯を治すことが可能です。
どの方法を採られるにせよ、相応の費用をいただくことになりますが、その分に見合う効果を得られると自負しています。

美しさを求める声に耳を傾けながらも、将来性のある治療を

三井 祐一郎 院長

当院での審美歯科における方針は、将来性のある“なにか”を提供するということです。人の寿命が80歳だとしましょう。80歳まで歯を保たせることを考えれば、60歳を越える方が希望される治療の選択に制限はほぼないと言って良いかもしれません。しかし、同じことを10代、20代の方に提供するとなると、これは問題です。巷には、その時よければすべて良しの方針で、お客様の求める内容をそのまま提供する場所もあると聞きます。ただし、一方でそういったクリニックの存在が、美しさを求める若い女性達の救いになっているのも事実です。
その事実を前に自分は何をできるか。あり得ない治療だとして、門前払いするのは簡単ですが、自分が無下に断ることで、大きな悲劇を生むこともあります。そうであれば、しっかり話を聞いて、彼女たちが求める意味を理解したいと思いますし、その上で説明をおこなっていきたいと思っています。
最期の時まで自分の歯で過ごすこと。きれいを求める方の声に耳を傾けながら、その1点を守っていくのが、私のプライドです。

お客様との人間関係こそ「痛くなくなる魔法」

痛くない、ということだけは最優先です。こちらには、ほぼ、健康なお客様だけが来院されます。そもそも痛くないわけですので、治療によって少しの痛みが生じれば、それは耐えがたいことだと思うのです。
では、痛くなくなる魔法とは、なんでしょうか。電動麻酔機や表面麻酔といったツールは1つの回答となりますが、根本的に痛くならず、怖くなくなる魔法とは、人間関係に他なりません。人間関係ができていなければ、麻酔の針のほんのちょっとの痛みでも気づくのが、人ではないでしょうか。
振り返れば、小さい頃お世話になった小児科の先生もそうだったのだと思います。人間関係ができていたからこそ、気づいたら口を開けていて、話を聞くようになっていたのだと思うのです。
たった15分の診療時間で、人間関係が構築できるでしょうか。お客様は、しっかり時間を掛けてやってもらいたいし、時間を掛けて麻酔をしてもらいたいのが本音です。こちらでは1人ひとりにしっかり時間を掛けて、お付き合いをしていきたいと思っています。

これから受診されるお客様へ

「きれいになりたい」という方の想いには、とことんお付き合いしていきます。『ワイズデンタルキュア』では、仮歯の段階で幾度も厚みや長さ、大きななどをデザインし、試着を何回も繰り返して“本物”を作製する「ホワイトニングデザイン」をおこなっています。その人にとっての理想的な歯の形はそれぞれで、お客様が欲しいと思う形にならないことには、そもそも意味がありません。本物を求めるお客様のこだわりにお応えしていきたいと考えています。

※上記記事は2016.5に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

三井 祐一郎 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県

グラフで見る『三井 祐一郎 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート