豊島区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(豊島区)―

林田 真治 院長/はやしだ歯科(駒込駅・歯科)の院長紹介ページ

林田 真治 院長

SHINJI HAYASHIDA

コンセプトは「患者さんが求める治療を」。技工物にもこだわり、患者さんの負担の少ない治療をご提供

大学卒業後は岐阜県内の医院に勤務。その後、千葉県の医療機関で分院長を経て、義歯をはじめ様々な症例を経験。2005年に駒込駅徒歩1分の『はやしだ歯科』を開院。現在に至る。

林田 真治 院長

林田 真治 院長

はやしだ歯科

豊島区/駒込/駒込駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

人のためになる歯科医師として経験を積む

林田 真治 院長

私の父は歯科医師で開業医をしていました。小さい頃からプラモデルを作ったり、絵を描いたりするなど手先を使うことが好きだった私は、人のためになり、手先の器用さも生かせる歯科医師の道を選びました。
岐阜県にある大学の歯学部に進学し、大学卒業後は県内の開業医で勤務。治療のスタイルや考え方など歯科医師としての基本はここで学びました。
その後、千葉県の医療機関で分院長を務めるなど、歯科医師としての研鑽を積み、2005年に駒込駅から徒歩1分、駅から見える場所に、はやしだ歯科を開院致しました。(JR山手線「駒込駅」南口から徒歩約1分・東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩約1分)

大切にしている治療スタイルは「患者さんが求める治療を。」

林田 真治 院長

歯科医師としての基本を教わった先生から学んだことは「患者さんの目線に立ってよい治療を行う」ということです。その中でも特に大切にしていることは2つ。1つは患者さんに対して決して上に立たず、下にもならず対等な立場で、同じ目線で患者さんと向き合うこと。もう1つは難しい言葉を使わず相手に伝わる様にして患者さんの言葉をちゃんと引き出すということです。この先生から教わったことは「患者さんがして欲しい治療を行う」という、現在の私が行っている治療スタイルの元になっています。
当院に来院される患者さんはお勤めの方や主婦の方、ご高齢の方までさまざまです。どなたでも容易に理解して頂き、患者さんの希望を引き出すためには、分かりやすい説明が必要です。ですから、レントゲンのほか、口腔内カメラで患者さんのお口の中をお見せするほか、虫歯の治療の流れをアニメーションでお見せするなど、様々なツールを活用して患者さんへ説明しています。その上で患者さんのご要望をお聞きし、治療を行っています。

痛みの少ない治療の重要性

林田 真治 院長

「歯の治療は痛いから怖い」「痛い治療の思い出があり、治療に行きたくない」
などといった理由で歯医者にいくのをためらわれる方がいらっしゃいます。
歯科医で患者さんがして欲しい治療の1つが、痛みの少ない治療ではないでしょうか。私は、歯があまり丈夫でなかったためか、子供の頃から抜歯から矯正治療まで一通りの歯科治療を経験しました。
私自身、歯科治療で痛い思いをたくさんしてきたので、痛い歯医者はイヤ…という気持ちがとてもよく分かります。痛みがなくなれば患者さんの不安はとても少なくなるでしょう。ですから、歯の治療はできるだけ痛みを減らすことを大切にしています。
痛みを感じにくい細い注射針を使用するほか、歯茎の表面麻酔や電動麻酔(注射液をゆっくりと注入する器械)を導入して痛みを減らしています。また、自分の経験から注射をする場所や回数にも工夫をしています。注射の前に「ちょっとチクっとしますよ」など一声かけて心理的に安心させることも忘れません。こうした工夫をすることで幼稚園のお子さんでも泣かずに麻酔がかけられます。歯医者は痛いから、と敬遠していた方やお子さんでも安心して頂けると思います。

歯の治療で重要な根幹治療

歯の治療で一番力を入れているのは根管治療(歯の根元の治療)です。特に、
歯の根幹にある神経の治療は歯科治療でも最も難しいもの。「針の穴に糸を通す」という表現よりもはるかに細かい技術が要求されます。もし、その部分をおろそかにしてしまうと、その後の治療で歯の上に被せるものが長持ちしません。再び患者さんにご負担をかけることになってしまいます。
また、根幹治療の後、歯に被せる技工物も大切です。当院では、4箇所の歯科技所と連携を取り、インプラント・被せ物、入れ歯など種類によって依頼先を使い分けています。万が一おかしなものを取りつけてしまった場合、患者さんに再び治療のお時間を頂くことになってしまいます。ですから、私は根幹治療には常に力を入れて取り組んでやり直しのない治療を目指しています。
また、安全な治療を行うために、気をつけていることが衛生管理。医療機器の歯を削る部分やタービンといった、患者さんの口の中に入る可能性のあるものは施術ごとに取り外し、専用の機器を使い、滅菌処理を行います。使い捨て可能な器具も活用して清潔な治療環境を実現しています。

これから受診される患者さんへ。

歯は痛くなってから治療すればいい、虫歯にはならない…と考えていませんか。
歯は一生使うもので取り換えもできないものです。毎日のケアで大切にしてください。
しかし、皆さん歯を毎日磨いていても、重要な所が磨けていないことも少なくありません。歯と歯茎の境目、歯と歯の間の磨き残しが特に多く見られます。歯は痛くなったら手遅れです。歯がきちんと磨けているかも含めて、半年に1度は歯科医院で歯のチェックを行ってください。
火事でも何でもボヤの内に消しておけば大ごとになりませんが、放っておくと後で大変なことになります。歯の治療も最小限で済むうちに終わらせることが大切です。早めの治療を心がけましょう。当院は駅から徒歩1分、WEBのほかLINEでの予約も可能です。土曜日も診療しておりますので、お気軽にお越しください。医師・スタッフ一同、皆さまからのご相談をお待ちしております。

※上記記事は2017年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

林田 真治 院長 MEMO

  • 出身地:宮崎県
  • 趣味・特技:自転車(ロードバイク)、ギター(ベース)、サックス
  • 好きな本・愛読書:全てのジャンルが好きです。
  • 好きな映画:幅広いジャンルを見ます。
  • 好きな音楽・アーティスト:80年代洋楽
  • 好きな場所・観光地:海沿い(浦安など)

グラフで見る『林田 真治 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート